Skip to content

キャットフードを買う

キャットフードを手作りするよりも市販のものを購入した方が良い理由はいろいろあります。例えば、カロリー計算が簡単なこともその一つ。手作りする場合、用いる材料や量によってカロリーを算出しなければなりません。猫は、太りすぎると糖尿病をはじめいろいろな病気のリスクが上がってしまうので、体重チェックはとても大切なこと。また、人間が食べても問題ないようなものであっても、猫が食べると危険なものもありますので、注意が必要。タコやエビ、イカ、貝類などは与えてはいけない食材です。野菜系であっても、ニンニクやニラ、タマネギ、ネギなども避けるべき食材です。また、猫に必要な栄養素は、たんぱく質と脂肪、ビタミン、ミネラル、炭水化物。しかしながら、人間と異なり猫は炭水化物はあまりたくさん必要としません。その代わりに、動物性のたんぱく質と脂肪を多めに必要とするので、そのあたりのことも考えながらキャットフードを作らなければなりません。市販のものであれば、良いキャットフードを選ぶことができれば簡単にクリアすることもできます。

もちろん、手作りにもメリットはあります。何より、猫に心を込めた食事を用意してあげることができますし、自分が一つ一つ納得した食材で作ることも可能。作り立てであれば、鮮度も良いでしょう。最終的には、飼い主さんの考え方ということになります。当サイトでは、キャットフードについて紹介します。参考にしてみてください。