Skip to content

療法食について

キャットフードには、「総合栄養食」などのような一般的なものの他に、「療法食」と呼ばれるものもあります。これは、猫が何らかの病気を治療したり改善したりするために食べるキャットフードです。例えば、太りすぎが気になる子に、健康的にダイエットをさせるために与えるものもその中の一つです。また、他にも腎臓病や尿結石の猫や、腸内環境維持が目的だったり、糖尿病治療や消化器疾患を治療するために与えるようなものもあります。このように、もしも猫に何らかの問題がある時は、その改善に合わせてキャットフードを選ぶこともできます。その場合も、内容をチェックして安心できるものを選ぶようにしましょう。

総合栄養食の場合は、猫に合った量をきちんと計って与えることができればOK。食事の時は、水をたっぷりと用意してあげてください。もちろん、キャットフードを選ぶときは、パッケージをチェックして材料をチェックして選ぶことが必要です。また、どのようなキャットフードであっても、正しい保存方法で保存することも必要。ドライタイプのものであっても、直射日光に当たるところや温度の高い所に保存すると傷みやすくなりますので注意が必要です。また、封はしっかりと閉めて保存するようにしてください。